ビットコインの発行量に上限はある? マイニング(採掘)が難しい理由とは?

ビットコインの発掘についての基礎知識

ビットコインを入手する方法として、マイニング(採掘)作業を行うことができます。

ビットコイン採掘作業とは、ネットワークに接続されたPCのCPU・GPU、マイニング専用に設計された専用のASIC計算機などを利用して、一定の難易度の課題の答え(key)を見つけます。
マイナーは平均10分毎に生成されるブロックのkeyを見つける作業を行いますが、全世界のマイナーのうち各ブロックのkeyを見つけることができるマイナーは1人だけです。
世界中でkeyを見つけたマイナーにだけ、新たに生成されるコイン(2017年時点では12.5BTC)と、そのブロック内の送金手数料の合計額が与えられます。

多くの人がマイニングに参加すれば短時間でkeyが発見されてしまうので、2016ブロックごとに課題の難易度の変更が行われます。
難易度は1ブロックあたりの平均生成時間が10分になるように調整されます。マイニング参加者が増えても報酬として与えられる金額はほぼ一定なので、限られたパイの奪い合いとなってしまいます。

2013年に起こったキプロス危機に端を発した世界的な金融不安の影響により、多くの人がビットコインを購入しました。その結果、コイン価格が急上昇しました。

ビットコインの価値が上昇すると報酬を目当てに世界中で多くの人がマイニング作業に参加するようになり、現在は個人のPCで採掘をしても報酬を得ることは極めて困難です。

ビットコインの発行者とは?採掘できなくなると取引は不可能になる?

既に流通しているビットコインは全て、過去にマイナーが新たなブロックを生成した際に新たに発行されたものです。

ビットコインの取引で承認作業を行うのはマイナーです。
マイナーが発掘作業を行うことで利用者はコインの取引を行うことができ、ブロックの偽造などの不正行為を防止しています。ビットコインのシステムは、マイナーによって支えられています。

マイナーが計算機を動かしてビットコインの運営を行う報酬として、新たに発行されるコインとブロック内の送金手数料が与えられます。ブロック生成時に新たに発行されるコインの枚数は決められており、21万ブロックごとに半減することになっています。最終的に2100万枚のコインが発行されると、新たなコインが生成されなくなります。

上限枚数までビットコインが発行されると新規にコインが発行されなくなり、マイナーには送金手数料だけが与えられます。
報酬の金額が減少すればマイニング参加者が減る可能性があります。それでもビットコインの採掘難易度はマイナーの計算量によって調整されるため、マイナーが少なくなれば難易度が下がって採掘コストが安くなります。
新規にコインが発行されなくなってもマイナーに送金手数料が与えられるため、報酬額に見合う採掘コストになるように難易度が調整されます。

発行上限に達しても手数料を得る目的で誰かが採掘作業を行う限り、ビットコイン取引が停止することはありません。

ビットコインのおすすめウォレットアプリ

アプリを利用してビットコインを活用

自分用のビットコインを保管するためには、インターネットに接続されたPCまたは携帯端末に専用のウォレットアプリをインストールする必要があります。

パソコン用のウォレットであれば数GBにも及ぶブロックチェーンに含まれる全てのトランザクション(tx)を読み込んでハードディスクに保存するものがありますが、ストレージが限られているモバイル端末版は自分のアカウントのtxだけを保存します。自分のコインの残高を確認したり取引時のhashを参照する際は、PCよりもすぐに起動できるモバイル版のウォレットアプリの方がおすすめです。

モバイル版のウォレットアプリを選ぶ際は、復元フレーズ機能に対応しているタイプを選ぶようにしましょう

iOS版で一番おすすめのウォレットアプリは「Bread Wallet」です。シンプルで初心者にも使いやすく、セキュリティがしっかりしています。Bread Walletはビットコインネットワークと直接接続するので、ウォレット運営者のサーバーがダウンしても問題なく使えます。

アンドロイド版であれば「Mycelium」がおすすめです。Myceliumも復元フレーズに対応していて、シンプルで使いやすいアプリです。
Myceliumはマイナーへの手数料を3段階で指定することができますし、異なる受取アドレスを利用できます。

仮想通貨のビットコインを無料で入手するには

ビットコインを簡単に入手する方法は、仮想通貨取引所にアカウントを作成してコインを購入するか、採掘作業を行うことです。

採掘に参加すれば購入代金を支払わずにコインが入手できますが、電気代が必要です。
これらに対して、少額のコインを無料で入手する方法があります。

ポイントサイトなどに登録して広告をクリックして少額のポイントがもらえますが、これと同じように広告を閲覧することで少額のビットコインがもらえるサイトがあります。

無料でビットコインがもらえるサイトは「Faucet」(蛇口)と呼ばれ、ビットコインの受取用アドレスを送信すれば誰でも登録することができます。
広告サイトを閲覧したり、一定時間ごとにクリックすることで少額のコインを貯めることができます。最低出金額はサイトによって異なりますが、5500~25000satoshi以上のコインが貯まると自動的に自分用のアカウントに送金してもらえます。

無料でビットコインがもらえるサイトの探し方ですが、“Bitcoin Free Faucet”などのフレーズで検索すると海外のサイトを見つけることができます。

広告の閲覧でもらえるビットコインは少額ですが、実際にウォレットを使ってコインを保管することができます。

仮想通貨の保管や送金方法を練習する目的で、「Faucet」を利用してみることができます。

儲かる仕組みとは

手数料の決め方とデータ量

ビットコインは流通量が限られているため、価値は日々変動します。

安い時に日本円で買って、高くなった時に日本円に換金すると、売買差益が得られます。この方法は株式投資やFXなどと同じメカニズムです。

ビットコインによる儲け方は売買差益を獲得する方法だけでなく、マイニングによっても儲けることが可能です。マイニングとは採掘という意味ですが、ビットコインの運営に必要となるコンピュータリソースを貸すことによって、謝礼としてビットコインマイニングを貰うことができます。マイニングをしようと考えている方は、ビットコインクラブに登録するとマイニングに関する最新記事を入手できます。

リージョンとは、ビットコインを寄附することで1日1%程度の利息に相当するビットコインが貰えるという仕組みです。寄附をしたビットコインはいつでも引き出すことができるので、とても有利な投資の手法になります。
いずれの方法で投資をするにしても、まず初めに取引所にウォレットを開設することが必要になります。

ウォレットとは財布という意味で、株式投資やFXの口座のようなものです。取引所にウォレットを開設するのは無料で行うことができ、ウォレットが開設されるとすぐに取引を始められます。

仮想通貨で投資をするということ

仮想通貨で投資をするということは、株式投資やFX、商品先物取引と同じようなものです。

仮想通貨は日本円やドル、ユーロなどの通貨と交換することができ、交換レートは日々刻々変動します。将来の値上がりや値下がりを予測して取引を行うことにより、利ざやを稼ぐことができます。

ビットコインの場合であれば、ビットコインと日本円の交換レートはBTC/JPYで表示されます。BTC/JPYの交換レートはチャートで表示されますので、チャートの動向を分析することで将来の価格を予想します。価格の予想はファンダメンタルズ分析をしたり、テクニカル指標を用いてテクニカル分析をすることで価格の変動を予想します。

仮想通貨による投資は絶対に儲かるというものではなく、儲けを出すためには、徹底したリスク管理を行うことが大切です。
全ての資産を仮想通貨に変えて資産運用することはリスクを伴いますので、資産の一部を仮想通貨で運用するようにします。そうすることによってリスクヘッジをすることができ、安全に投資をすることが可能になります。

仮想通貨による投資では、将来の価格変動を予測することが大事になるため、ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析が欠かせません。

これらの分析については日頃から研究しておき、分析の精度を高めることが大切になります。

採掘を繰り返せば報酬が与えられる?

採掘を繰り返せば

ビットコインの取引は、一般的な通貨取引のような特定のサーバーを持たず、処理内容を暗号化した後に切り刻まれた状態で、マイニングツールを実行した世界中のユーザーのパソコンに送信され、分散化コンピューティングを用いて処理されます。

セキュリティのために行う分散型コンピューティングのネットワークは、ブロックチェーンと呼ばれ、世界中のどのパソコンで、どんな処理が行われているのかを解析するのは困難であるのと同時に、マイニングツールを実行しているパソコンが存在し続ける限り、お互いに処理を補完し合うため、安全に取引を行う事が出来ます。

以上のような一連の処理の実行を手伝った報酬として、低確率でビットコインが付与される事があります。
この動作が、まるで鉱山を採掘する行為と似ている事から、採掘を意味する英語でマイニングと呼ばれています。

与えられる報酬は、1コインにも満たない欠片の場合もあれば、数百ものコインの塊である場合もあります。

かつては一攫千金を狙って世界中の人々がマイニングを行い、高い収益を得ていた時期もありましたが、最近になって、その事情は少し変わってきています。

マイニングそのものが取引される時代に

ビットコインは、相場をコントロールするために発行数が定められており、間もなく上限に達すると言われています。

そのため、最盛期と比較して、マイニングによってビットコインを得る事は、難しくなっていますが、それに対抗するために、専用のデータセンターを設置し、大規模にマイニングを実行する事で、報酬を得る可能性を高めようという試みを行っている業者も登場しています。

そのような大規模なサーバー群を相手にますます報酬を得られる確率が減り、個人のたった1台のパソコン程度ではとても太刀打ちできないのが現状です。
そんな情勢の中で生まれたのが、ビットコインのマイニングを行う業者が採掘の権利を販売するというサービスです。

ユーザーは、まるで投機をするように一定の料金を支払う事で、専用サーバーの採掘の結果を得られる権利を保有し、見事ビットコインが採掘されたら、所定のビットコイン口座に振り込まれると言うシステムです。

今やビットコインを取引所以外で入手するには、自らマイニングする時代から、マイニングそのものを取引する時代へ移行しつつあります。

マイニングをすることでプールをすることも可能である

マイニングをすることでプールが可能

世の中にはたくさんの通貨がありますが、ビットコイン(Bitcoin)は今までで有名になったものの1つです。

これが有名になったのは、インターネットで億万長者が輩出されたからです。これに続いて自分も億万長者になりたいと思った人が取引を始めるようになりました。ビットコインを手に入れるためには、インターネット上で採掘をしなければなりません。

採掘をすると言うのはブロックを壊してそこからビットコインを取り出すことです。
採掘のことを英語で言うとマイニングと言いますが、専門的な用語としてマイニングという言葉を積極的に使っている人も少なくありません。

このようにしてコインを手に入れることができますが、普通の人はマイニングをするのは難しいです。
なぜならマイニングをするためにはたくさんのお金が必要だからです。
お金だけではありません。マイニングをするためには、電気を大量に必要とするため、普通の場所ではなかなかマイニングをすることができません。

東南アジア等に行ってマイニングをすることになります。大きな企業などが積極的に参加しているのが特徴です。

採掘によって手に入れることが可能になる

このように発掘を指摘ビットコインを手に入れることができますが、多くの人は、購入することによってコインを手に入れるしかありません。

ですが、そもそもコインを手に入れるためには、その信用が気になるところです。過去には一度だけ取引所のビットコインが消失してしまったと例がありました。
ときには、ビットコインの価値が一気に落ちてしまったということがありました。そういった消失を嫌がり、コインを積極的に購入したいと思う人が少ないのです。

現時点では問題ないと言えるものの、日本ではまだビットコインが流行っていない理由は、採掘をするのがめんどくさいことやお金がかかること理由ではなく、日本円よりも信用ができないと言う点が大きいのです。
このように考えると、日本国内でアメリカのようにビットコインが頻繁に利用されることがしばらくはなさそうです。

日本で使うとすれば、投資としての価値がある位では無いでしょうか。
ビットコインは時期によってその価値を変えていきます。これにより、お金を儲けることを難しくは無いでしょう。

実際にそのような人も少なくありません。