ビットコイン投資は儲かる?

暗号通貨運用の落とし穴

ビットコイン投資は儲かるかどうかというと、現在のところは儲かる投資であると言えます。

2017年の1月にはだいたい10万円~14万円のところを推移していました。
しかし、2017年の10月現在では60万円台の価格をつけています。1月頃に10万円で買って現在までホールドしていれば、なんと資産が6倍になっていたという計算になります。

ビットコイン投資は現在のところは儲かる投資であると言えますが、将来にもずっと同じことが言えるのかというと、そうではないでしょう。

どこかのタイミングで暴落をする可能性もあるので、気をつけておきましょう。

暗号通貨はブームであると言えますが、ブームにのっかった詐欺なども増えているようです。
ビットコインに関係したうまい話にはのらないように気をつけておくべきでしょう。

経験がある投資家は、詐欺であるかどうかを見抜く力をつけています。
それでも騙されてしまうことがあるので、絶対に安心できる儲け話というものはありません。初心者の人はなおさら詐欺に気をつけておくべきです。

投資で負けたというのなら諦めがつきますが、詐欺にあって騙されたとなると、下手をすれば一生後悔し続けることになります。

ライトライズもビットコインも取引のしくみは同じ

ライトライズとは、株式を購入することで高利回りを受けられるというシステムのことです。

株式は1口およそ30ドルで購入ができたようです。株式を購入して保有しているだけで、1週間で7%~21%の利息を受け取れるというのですから、驚きです。
ビットコインとの関係は一見するとありませんが、ビットコインで支払いができるという部分に関係性があったそうです。

ビットコイン詐欺の一種であると解説したサイトもあります。

ライトライズのシステムは、受け取った資金を運用することで大きな利益を獲得するというものでした。その一部を株式を保有している人に分配するというものなので、株式投資と似ています。
しかし、ライトライズの高利回り投資プログラムはどうやら詐欺に近いものだったようです。
現在は配当はストップし、サイトもアクセスできなくなっています。

ビットコインとライトライズは厳密には異なりますが、お金を稼ぐ方法は似ています。
新規で新しくライトライズに投資する人がいて、そのお金が保有者へ配当されているという仕組みでした。

ビットコインは将来性があると言われていますが、どこかのポイントで信用を失ってしまう可能性もあります。
十分に注意をして投資をしましょう。

儲かる仕組みとは

手数料の決め方とデータ量

ビットコインは流通量が限られているため、価値は日々変動します。

安い時に日本円で買って、高くなった時に日本円に換金すると、売買差益が得られます。この方法は株式投資やFXなどと同じメカニズムです。

ビットコインによる儲け方は売買差益を獲得する方法だけでなく、マイニングによっても儲けることが可能です。マイニングとは採掘という意味ですが、ビットコインの運営に必要となるコンピュータリソースを貸すことによって、謝礼としてビットコインマイニングを貰うことができます。マイニングをしようと考えている方は、ビットコインクラブに登録するとマイニングに関する最新記事を入手できます。

リージョンとは、ビットコインを寄附することで1日1%程度の利息に相当するビットコインが貰えるという仕組みです。寄附をしたビットコインはいつでも引き出すことができるので、とても有利な投資の手法になります。
いずれの方法で投資をするにしても、まず初めに取引所にウォレットを開設することが必要になります。

ウォレットとは財布という意味で、株式投資やFXの口座のようなものです。取引所にウォレットを開設するのは無料で行うことができ、ウォレットが開設されるとすぐに取引を始められます。

仮想通貨で投資をするということ

仮想通貨で投資をするということは、株式投資やFX、商品先物取引と同じようなものです。

仮想通貨は日本円やドル、ユーロなどの通貨と交換することができ、交換レートは日々刻々変動します。将来の値上がりや値下がりを予測して取引を行うことにより、利ざやを稼ぐことができます。

ビットコインの場合であれば、ビットコインと日本円の交換レートはBTC/JPYで表示されます。BTC/JPYの交換レートはチャートで表示されますので、チャートの動向を分析することで将来の価格を予想します。価格の予想はファンダメンタルズ分析をしたり、テクニカル指標を用いてテクニカル分析をすることで価格の変動を予想します。

仮想通貨による投資は絶対に儲かるというものではなく、儲けを出すためには、徹底したリスク管理を行うことが大切です。
全ての資産を仮想通貨に変えて資産運用することはリスクを伴いますので、資産の一部を仮想通貨で運用するようにします。そうすることによってリスクヘッジをすることができ、安全に投資をすることが可能になります。

仮想通貨による投資では、将来の価格変動を予測することが大事になるため、ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析が欠かせません。

これらの分析については日頃から研究しておき、分析の精度を高めることが大切になります。