価格や価値を円と比較するとどうなるのか

価格や価値を円と比較する

2009年に日本人が発明して、そこから始まったのがビットコインです。ビットコインは、世界中で流通している仮想通貨になります。ビットコインは今迄の仮想通貨と違う点があります。それは、パソコンソフトのマインダーと呼ばれるもので採掘をしていくのです。
ただこの方は、大量のお金を使える会社が所有するのが普通になります。これにより、ブロックを壊して採掘すればビットコインを手に入れることができるというわけです。
では、これを円と比較するとどのようなことがわかるでしょうか。どちらも取引所を通じて取引することができることがポイントになっています。ですが、相違点もあります。一番の相違点は、価値が異なることではないでしょうか。つまり、通貨としての信用が異なるのです。ビットコインはかつてよりは価値が上がっているものの、まだ不安定になることもあり得ます。数年前に取引所がハッキングされて取引ができなくなりましたが、それを心配して取引を積極的にすることが出来ない人も多いです。もちろん、円の信頼が高いという理由もあります。

通貨として使うために取引所を利用するならば

日本円は、世界の通貨の中でもかなり信頼できる通貨になります。これは、国内だけで比較してもわからないかも知れませんが、海外の通貨と比較するとわかります。例えば、USドルと比較する場合、アメリカで雇用が減少したり、住宅の売れ行きが不審になれば、人びとはUSドルを売却して円を買うことになるでしょう。米国の経済が不安定な場合は、とりあえず不安の元であるUSドルを売却して円を買うのです。円はそれだけ価値があるものとして、世界で取引がされているのです。
つまり、ビットコインが日本国内の取引所で頻繁に取引されるには、円よりも信頼できる通貨になるか、円と同等レベルにまでその価値が上がることが必要になります。
また、ビットコインを日本国内で通貨並に取引をし、取引所が盛り上がるためには、ビットコインを所有することで生活を大きく変えることができるなにかが必要になります。例えば、ビットコインで億万長者になる人が次々と出てきたとすれば、多くの人が後に続くのです。この点、仕組みが難しいので広まらないという意見もありますが、仕組みが難しくてもメリットが大きいならば流行るでしょう。